8割が美容の敵『冷え性』

冷え性は代謝が下がる『美容の敵』

冷え性は、健康の敵。

そして、美容の敵です。

人の体は、冷えると新陳代謝が低下してしまいます。

東洋医学的には、消化機能も低下して、ふきでものの原因になったりするそうです。

あなたは、冷え性ですか?

女性の「冷え症」は8割以上!

2014年3月3日発表、日清食品の調査結果です。

「“冬”に体の冷えを感じることがありますか?」、97%が「ある」と回答。

「“春先” に体の冷えを感じることがありますか?」、85%が「ある」。

「自分を冷え性だと思いますか?」という質問に対しては、82%が「そう思う」。

「体の冷えを“辛い”と感じることはありますか?」、82%が「ある」。

すごい結果ですね。

8割以上の女性が冷えに苦しんでいるという結果です。

冬だけでなく、まだまだ肌寒い春先でも、冷えで悩んでいるんですね。

東洋医学では、春という季節は日差しはあたたかくなりますが、地面はいまだに冷たいまま。

底冷えするんです。

そして、上半身ばかりが温まってしまいます。

これが、冷えのぼせを生んで、さらに下半身の冷えが悪化してしまいます。

体を温める『温活』

体の「冷え」対策として現在注目されている『温活』。

『温活』なんていう言葉がはやっているんですね。

知りませんでした。

体を温める活動のことなんだそうです。

でも、まだまだ、『温活』は広がっていないようですね。

言葉があっても、実際にどのようなことをすればよいのかというのが内容に思います。

ただ、温めるというだけでは、面白みもかけてしまいます。

腰湯をしたり、あたかい服装をしたり、温まる食事を取ったり。

いろいろとあります。

モデルさんたちに人気の温活はやはり「半身浴・腰湯」でしょうか。

今は誰もがおすすめする美容健康法ですね。

薬膳では、ショウガが人気。

そして、「唐辛子」も食べ過ぎないようにすれば、体の温まる食材です

8割以上が「春先も冷えを感じる」:日清食品株式会社

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000009486.html