自分スタイル

あこがれってありますよね。

こうなりたい、あんな風になりたいって。

多様化して、早いスタイル変化

ファッションの変化はとても早いです。

去年と今年では、もうぜんぜん別物。

そんな変化の中で、何かに憧れ、そのファッションを追い続けることは本当に大変。

だから、自分のスタイルというものをしっかり持っていないと振り回されてしまいます。

でも、自分のスタイルを確立するのって、これも難しいもの。

ということで、こういうポイントを追っみてはいかがでしょうか?

自分カラーを知る。

人には似合う色というものがあります。

もともとの肌の色や雰囲気。

そして、大切なのは目の色です。

黒目の部分って、結構、色に幅があるんですよ。

それらを踏まえて、自分にあったカラーを知りましょう。

もちろん、専門に人に見てもらうこともおすすめ。

それでも、ヘアカラーで色の傾向は変えられるので、それを踏まえるなら、美容院のカラーリストに相談してみましょう。

良い意見が、もらえるかもしれません。

この自分カラーが決まっていないと、全体的なファッション構成が難しくなります。

また、色の組み合わせ方も大切。

色のバランス、色のきかせを生かせないと、ばらばらになってしまいます。

それでも、自分カラーを知っていれば、それに統一するということで、ファッションは決まるものです。

自分と似た人を真似る。

タレントさんやモデルさんへのあこがれってあります。

でも、それになれるわけもありません。

自分らしく輝くためには、自分に似た人のファッションを真似しましょう。

あこがれだけでは、ファッションは難しいです。

なんとも夢の無い話のようですが、自分らしさを手に入れるなら、自分と同じ傾向の人から学ぶのが早いですね。

まずは、そこから初めて、そこから幅を広げていけばよいと思います。

街に出て、自分と似た人で、おしゃれな人を探しましょう。

そして、その真似をしましょう。

背伸びをしすぎず、背丈に合ったところから学んでいくのが、まずは良いと思います。

でも、理想は捨ててはいけません。

ファッションの階段を一段づつ登っていきましょう、というご提案です。

気に入ったアイテムを決める。

漠然とファッションを追うよりも、まずは自分カラーに合っていて、自分のスタイルに沿ったお気に入りのアイテムを決めましょう。

そして、それに合わせたアイテムを増やしていきましょう。

服を買うときは、まずそのアイテムでお出かけ。

それに合わせたアイテムをそろえていきましょう。

すると、アイテム全体のスタイルやカラーに統一感が出てきます。

それらのアイテムは、いろいろな組み合わせがしやすいはずです。

そこから、いろいろな組み合わせで遊んでみましょう。

自分のスタイルは、それこからできてくると思います。

自分らしさという広がり

自分似に合うものを見つけると、そこから広がりが生まれてくるものです。

まずは、自分らしいという何かをひとつ見つけ、そこを広げていきましょう。

それは、ファッションデザイナーも同じのようで、アイテムに傾向ってありますでしょ。

自分スタイルを作れば、そこから統一感や広がりは生まれてくると思います。

でも、知識の問題で、同じようなアイテムばかりになるのも問題。

そんなときは、やはり、プロに祖段しましょう。

美容師やスタイリストなどの意見を聞くことは大切。

また、いろんなブランドで、店員さんの意見を聞きまくるってのも良いと思います。

ブランドを超えて、自分らしさが見つかって、自分スタイルというのが確立されると良いですね。