化粧品かぶれに注意

健康な皮膚は、化粧品の選択から

化粧品の合う合わないってありますよね。

合わないっていうのは、皮膚に合わないってこと。

皮膚の弱い人は、肌に合う化粧品選びに本当に苦労します。

化学物質で皮膚が荒れる人

新しい化粧品にトライすると、つけてすぐに皮膚が赤くなってしまう。

化粧品かぶれですね。

でも、この化粧品による肌荒れって、すぐに出るとは限らないんです。

いつも使っている化粧品のに、ある日突然赤いできものが・・・。

それも化粧品かぶれなんです。

化粧品かぶれには、往々にして、化学物質がかかわっています。

防腐剤などがそれに当たります。

体質に合わない、またはある日体質が変わって合わなくなる。

そんなことが起こるわけです。

なぜ皮膚がかぶれるの?

皮膚っていうのは、けっこう敏感なものなんです。

若い人は、かぶれないなんてことはありません。

もちろん、体調やストレス、加齢で皮膚体質も変わります。

でも、それ以前に、皮膚が化学物質に敏感な化学物質過敏症という症状があるんです。

防腐剤が皮膚に吸収されると、活性酸素が細胞に発生するそうです。

防腐剤は、化粧品を腐らせないという目的のために使われるのですが、「化粧品かぶれ」を招いてしまうことがあるということなんです。

これを「接触性皮膚炎」といいます。

化粧品かぶれでは、血液検査でIgE抗体が増えていることが多いそうなんです。

アレルギー反応なんでしょうね。

化粧品かぶれの時は

そういう化粧品を使って万が一にも、かぶれてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

まず、化粧品をすべて止めること。

皮膚は28日でターンオーバーします。

さわらず新陳代謝で治るのをまちましょう。

下手に触ると、シミの原因になったりします。

といっても、化粧も無しに28日間は難しいですね。

まずは皮膚科に行きましょう。

早く傷を治すことが大切。

そして、肌に合う化粧品を早く見つけましょう。

美しくなるための化粧品。

でも、それが原因で肌がダメになることもあります。

化粧品選びはていねいに行ないましょう。