髪のクセをコントロール。髪を乾かすポイント。

髪のセットを上手に行なうには、乾かし方がとても重要。

クセをコントロール。髪を乾かすポイン。

髪を乾かすのは、何と言ってもお風呂上りすぐに行なうべきです。

濡れることによってクセが抑えられた髪に再びクセが行くのは乾くとき。

ですから、その乾くときに髪を理想の形に仕上げるべきなんです。

髪を自然乾燥してしまうと、髪が元々持っているクセがあらわれます。

もちろん、クセを生かすということもヘアセットでありますが、全部のクセを生かしてとなるとなかなかに難しいのではないでしょうか。

やはり、髪のクセはコントロールすべきです。

丁寧に水分除去がきれいでクセにない髪を作る。

濡れそぼった髪に最初からトライヤーを当てては、乾くのに時間がかかります。

また、長時間の熱で、髪が傷んでしまいます。

まずは、丁寧にタオルで水を除きましょう。

でも、その時にゴシゴシとタオルでこすってはいけません。

髪が傷ついてしまいます。

吸水性の高いタオルで髪を抑えるようにしながら、水を吸い取っていきます。

その時、頭皮の水分まで吸い取るようにしましょう。

この後でドライヤーを使うわけですから、完全に水分を取り除くわけではないのですが、満遍なく取り除いておきましょう。

ドライヤーは髪の中にあてる

さて、タオルで水分を取り除いたら、続いて、ドライヤーです。

ドライヤーの風は、髪の中に風を送り込むように当ててください。

風の髪の中に送り込もうとすると、自然、左側の髪は右に、右側では左に、後ろの髪は前に送るように乾かすことになります。

こうすることで、髪にクセをリセットできます。

その時に、手の指全体を髪の中に差し込むようにしながら、風を髪の中に送り込むようにすると、満遍なく乾かすことができます。

このように乾かすと、髪にやわらかさと軽さが生まれます。

ぜひ、お試しください。