髪が重たい

しっとりとした髪も良いけど、それが重たくなりすぎるのは嫌です。

その原因はヘアケアの方法にあるのかもしれません。

髪の毛が重たくなる

さらりとした髪の毛って、さわやかですよね。

ふわりとした軽さを求めている人って多いと思います。

そんなヘアを求めるなら、日ごろのヘアケアをしっかりとしたほうがいい?

ホントでしょうか?

ケア過剰で髪が重くなる

髪をケアするものっていろいろあります。

リンスにトリートメント、コンディショナー。

おすすめは、トリートメントです。

トリートメントには、髪の毛に必要な成分が髪の毛に浸透しやすい形で含まれています。

ですから、髪の毛の状態を良く保つには、トリートメントがおすすめなわけです。

髪に潤いも与えられて、しっとりです。

ですが・・・

しっとりとするということは、髪の毛が重たくなるということなんです。

特に「洗い流さないトリートメント」。

長く髪に留めておくことができるため、髪の乾燥を防ぐ効果が高いです。

つまり、髪がちょっと重たくなります。

髪が乾燥していない人が使うと、さらに重たくなりますね。

つまり、軽やかな髪を作りたいのに、髪の毛を美しく保ちたいので合わないケアを行なうことで、髪が重たく仕上がってしまうということなんです。

もし、髪の毛が重たくて嫌だという人。

トリートメントの使いすぎってことはないですか?

一度、美容師に相談してみてください。

合わないケアの薬剤で肌が荒れる

ケアの薬剤の話を続けると。

肌に合うものを使ってほしいということです。

もし、合わないものだと、皮膚の炎症につながります。

また、過剰に使いすぎることで、毛穴が塞がったりしてしまいます。

すると、それが毛穴の炎症になることもあります。

ケアは適切な使い方が大切。

ケアすることが必ずしも良いとは限らないということなんです。

目的があってこそのケア。

その目的にあったケアを行ないましょう。