髪の人間性

髪に人間性

ヘアスタイルには、人間性が現れます。

ヘアスタイルは、メイクと同じように隠すことが難しい部分です。

どちらかというと、見せ場ですよね。

そこのには、その人らしさというものが現れてしまいます。

それを髪の人間性といってしまっているわけです。

皆さんのヘアスタイルには、皆さんが希望する人間としてのスタイルが表現できているでしょうか?

服装は、皆さんがその日に応じて変更できます。

ですが、髪型を変更することはできません。

自分でカットしたりはできませものね。

つまり、ヘアスタイルは皆さんの生活感や人間性が長期にわたって固定される部分なのです。

なんだか、大げさな表現ですが、これは本当なんです。

固定されているヘアスタイルという人間性

ヘアスタイルは、みなさんの頭に固定されてしまいます。

かぶりものというわけではありませんが、それに近いですね。

大幅な変更を自分ではできないものです。

つまり、メイクやファッションもそれに合わせていかなければなりません。

まずは、明確なファッションやメイクを決めておいて、それに合わせ、ヘアスタイルは作っておくべきです。

つまり、固定されたファッションの方向性を示すものということになります。

最近、女性のファッションはゆったりと幅のある服装が主流になりつつあります。

のちのち幅のあるヘアスタイルが必要になってくるかも、と思っています。

そうでないとファッションとヘアスタイルが合わなくなってくるからです。

そうでなければ、バランスが合わなくなってきます。

皆さんは、どんなファッションを目指しますか?

ファッションが見せるためのものである以上は、それには目的があります。

それにあわせて、ヘアスタイルは皆さんの頭に固定されます。

そこに皆さんのファッション性、果ては人間性が見えると思います。

こういった意味で、ヘアスタイルには人間性が現れると考えているわけです。