モデルのイメージで考えない

美容室で希望の髪形を伝えるのって難しいですよね。

そのときにどうしてもモデルに頼ってしまいます。

でも、ちょっと待ってください。

そのモデル、あなたと方向性が違います。

モデルのイメージで考えない

美容室には、ヘアスタイルのカタログなどが置かれています。

それは、お客さまがイメージを持ちやすいようにということもあるかもしれません。

また、美容師がお客さまにイメージを伝えやすいようにかもしれません。

でも、それは、イメージを伝えるための媒体でしかないんです。

そのヘアスタイルが似合うとは限りません。

雑誌の写真では、プロのスタイリストが、何時間もかけてセットをしています。

また、プロのカメラマンが撮影しています。

そして、髪型に合せたメイクアップが施されています。

そういった総合的なアプローチでモデルの撮影は行なわれています。

しかも、そのスタイルは、どこかから取ってきたものではなく、そのモデルさんに似合うように作られたものなんです。

ですから、似合って当然なんです。

それを自分に合せようとしても、できあがってみれば、どこかちぐはぐした感じになってしまいます。

モデルの写真は、あくまでもスタートライン。

それをいかに自分に似合わせていくかをじっくりと美容師さんと話し合っていくべきなんです。

ライフスタイルに合うヘアスタイル

すごく素敵なヘアスタイル。

でも、そのセットにとても時間がかかるとしたら、あなたははどうしますか?

日常生活のなかでスタイリングにかけられる時間は限られています。

仕事が忙しくて、毎晩髪のケアがちゃんとできなければきれいな髪質を維持することもできません。

そうなると、時間のかかるスタイリングもさらに時間を必要としてしまいます。

モデルのイメージだけで、憧れのヘアスタイルを作ってしまうと、その後がけっこう大変なんです。

自分のライフスタイルに合ったヘアスタイルにするという考え方も必要なんです。

お客さまにいつもきれいなスタイルでいて欲しい。

美容師はその技術できれいなヘアスタイルを作ってくれます。

でも、それが似合うかは、フェイスラインや髪質、頭の形などさまざまな要素がからんできます。

似合うヘアスタイルを実現するために、美容師と話をしましょう。

ご自分のニーズを伝えていただければ、あなたに合ったアドバイスができます。

あなたのライフスタイルなどもどんどんと話してください。

それが理想のヘアスタイルを作るために大切なことなのです。

topphoto4