髪に表れる生活感や人間性。

隠せないヘアスタイル

ヘアスタイルは、顔と同じように隠すことが難しい部分です。

帽子をかぶれば隠せると思われるかもしれませんが、その帽子スタイルがすでに髪型のようなものなのです。

体を服で隠しても、ボディーラインは垣間見えますよね。

そういうことです。

それに、結局その服にその人の生活感や人間性が表れています。

それと同じように、ヘアスタイルにもその人の様々なものが表れます。

皆さんのヘアスタイルには、皆さんが希望する人間としてのスタイルが表現できているでしょうか?

服装やメイクは、皆さんがその日に応じて変更できますよね。

でも、髪型を変更することは簡単ではありません。

というよりも、出来ないと言ってもよいかもしれません。

つまり、ヘアスタイルは皆さんの生活感や人間性が長期にわたって固定される部分なのです。

なんだか、大げさな表現ですが、これは本当なんです。

ヘアスタイルが固定されてしまうと、メイクやファッションもそれに合わせていかなければなりません。

明確なファッションやメイクが決まっていれば、それに合わせたヘアスタイルを作り上げておくべきなのです。

最近、女性のファッションはゆったりと幅のある服装が主流になりつつあります。

のちのちカーリーな幅のあるヘアスタイルが必要になってくる可能性があります。

そうでなければ、バランスが合わなくなってきます。

皆さんは、どのようなファッションを望んでおられますか?

そのファッションは何のためのものですか?

仕事のためですか?

家族のためですか?

ファッションが見せるためのものである以上は、それには目的があるはずです。

それは、どのように見てもらうためのものですか?

それを固定されてしまうヘアスタイルに反映させておくべきだと思うのです。