眉の形を美しく

眉の形をご自分で整えるのって、難しくありませんか?

美容院では、眉を整えるサービスもありますが、髪の毛と同じで、しばらくすると崩れてきます。

それも、短いだけに、ヘアスタイル以上に乱れるのは早いですよね。

だから、結局は自分で手入をしなければなりません。

beautiful-2315_1280-450x300

今では、男性でも眉を整えるのは当たり前。

時代と共に、眉メイクの形は変わってきましたが、放置しておくという選択はメイクアップを行なううえでありえませんね。

というこで、今日は眉のお手入れについて。

眉の手入れ方法には、いろいろな方法があります。

カット、シェイブ、脱毛。

でも、脱毛は推奨していません。

やっぱり、カットとシェイブが皮膚を傷めないので良いでしょう。

ですから、使うのは、アイブローシザーと眉コーム、そして、レザーを準備します。

眉を整えるおすすめの手順はこれ。

1.眉をカット

2.眉の下をシェイブ

3.眉の上をシェイブ

この3段階です。

1.眉をカット

まず、眉の毛を整えるように、邪魔な長さを取り除きましょう。

その際にコームを使って、丁寧に眉毛をコントロールしましょう。

突然、眉を剃りはじめると、全体的な眉の形が分かりにくい場合もありますので、剃り過ぎたりしてしまいますから。

2.眉の下をシェイブ

続いて、シェイブです。

まずは、眉の下をシェイブすることをおすすめします。

細い眉を演出する時は、きれいなカーブが必要ですから、眉の真ん中をまずはきれいに作るのが良いでしょう。

ですが、今は眉を細くしないメイクが増えていますので、産毛を剃るだけでも良いでしょう。

3.眉の上をシェイブ

次に、眉の上をシェイブしましょう。

眉下のラインに合わせ、剃り過ぎないようにします。

眉の中心部分の山を細くしてしまわないように注意です。

ナチュラルにするなら、ここでも産毛のシェイブだけも良いでしょう。

以前は理想の眉の形などといった「眉形」がありました。

でも、理想の眉形といのは時代によって変りますし、顔の形やメイクアップの方向性によって変えていくべきものでもあります。

今は、ナチュラルで太目の眉ですよね。

一昔前の細い眉を無理やり仕上げるよりも、今の方が手入はちょっと簡単かもしれません。

でも、手抜きはダメです。

ナチュラルっていうのが、案外に難しいものなんです。

下手をすると、野暮ったくなってしまいます。

ナチュラルでスッキリしたきれいな眉作りを心掛けてくださいね。