女性ファッション誌のトレンド。

今の女性誌は、世代、ジャンルが細かく分かれています。
ターゲットジャンルがしっかりとしています。
男性と違いファッションに幅があるのも住み分けができる理由なのでしょう。
有名な『non-no』は、2011年に創刊40周年を迎えるそうです。

越崎義治編集長は、
「今の時代、情報の早さではネットや携帯にかなわない。
そこで、 早さよりも、読者と時代のニーズを凝縮した、読み応えのある一冊にするために月刊化に踏み切りました。
“着回し500”などの企画は、読む側に選択をゆだ ねる、振り幅の広さを意識しています。付録は実際に役立つ実用性の高さを考えていますね」
と話しているそうです。
『non-no』は、佐々木希や大政絢のようなモデル女優を輩出していることでも有名な雑誌ですね。

女性ファッション誌は20~30代向けがボリュームゾーンだそうで、
発行部数40万部を超えるものもあるそうです。
現在は、崩しすぎないカジュアルが人気。
働く女性にとって実用的なスタイルを重視した『美人百花』。
付録付きの『steady.』『InRed』。
そして、
20代から50代まで通じるエイジレスなスタイルで、少しナチュラル系に振った『リンネル』『LEE』。
インテリアなどの情報も網羅し、幅広い世代の共感を呼んで躍進しそうだとのこと。
実際に、人に見せるための「ファッション」と、生活全般をカバーする「ファッショナブル」といった生活スタイルに分類できるのかもしれません。
それに「ファッション」と「ファッショナブル」というものは、同一のユーザーに内包されているものなので、もしかすると、同じ人がこの住み分けていると思われる雑誌をすべて買っている可能性もあるかもしれませんね^^


---
西宮市 個室スタイルのカウンセリング美容院
アイマツダ甲子園
http://aimatsuda.com
---