気に入った作品 神戸ビエンナーレにて

今回の神戸ビエンナーレでは、

「高架下アートプロジェクトコンペティション」

が、おこなわれています。

この中で、特別賞をとった作品、

「私の石 (My Stones)」

をとても気に入りました。

作者は、松延総司さん。

WEB http://matsunobe.net/

Blog http://matsunobe.exblog.jp/

「自然のもののようだが、人の手により創られたもので、それは全て記録されたうえで芸術祭のあちらこちらで使われる」といものだったとおもいます。

神戸ビエンナーレでのコンセプト文章が見つからないのですが・・・、あっていると思います、たぶん^^;

気に入ったのは、記録されてばらまかれるという点。

なんだか、今のクラウド化されたネット環境で、単純な人の会話が、記録されながら、あちらこちらで展開されていくことに似ているなぁと思って、何となく感動。

作者の考えとは違うかもしれませんが・・・、アートって、引き出された自分の考えや感情を第三者的に見て感動してみるっていうのもありだと思います^^

さて、それ以外にスゴイ作品と思ったのが・・・。

たくさんあるので、これらはまた次回^^