子ども似合わせファッション

おしゃれ度がどんどんと増しているキッズファッション

最近の子どもファッションが急激に変っています。

以前は、うるさいほどポップで生地も悪く何かのキャラクターデザインが当たり前でした。

でも、今は価格帯も上がっていますし、デザインは大人の縮小とも言える仕上がりです。

そういったキッズファッションが広がってきている背景には、子どもにもおしゃれさせたい親たちが増えているということが原因のようです。

今は、街行くファミリーはみなさんおしゃれです。

さて、子どもに着せる服をどういう基準で選んでいますか?

キッズファッション選びの基準。

デザインにこだわりすぎると、子どもは着てくれません。

これはとても大事な点だと思います。

デザインに懲りすぎて着心地の悪そうなものもありますから。

子どもにとって気持ちよく着れない服は、嫌がられてしまします。

着心地と実用性、配色は?

バランスは?

日常的にキメキメもなんか違う感じがします。

さりげなく、シンプルなのに似合ってる。

これが大事だと思います。

大人も含め、TPOが合ってないと、ほんとのおしゃれとは言えないからです。

赤ちゃん、幼児、子どもと成長するにつれ雰囲気が変ってきます。

それに順じたスタイリングであるべきです。

かわいらしいうちは中世的な色や柄でもいいでしょう。

男らしく、またお姉さんらしくなってきたら、そんなテイストに移行していかなくてはいけません。

大人の好みだけでなく、当人の色を引 き出していきましょう。

テイストが川っても組み合わせやすい無地や、ガチャガチャしたデザインは少なめに選ぶのがポイントです。

幼少期から上手にスタイリングしていないと将来、本人の感覚にも影響しないとも言えませんからね・・・。