マリーアントワネット一夜で白髪?

マリーアントワネットの一夜白髪事件は本当?

マリーアントワネットがフランスの市民革命で牢屋に幽閉されてしまい、

一夜にして、白髪になってしまった!

というお話があります。

これは本当でしょうか?

結論から言いますと、

「ちょっと考えられない内容ですね」

とお答えします。

なぜかといいますと、白髪というのは、

色が抜けていくのではなく、色が入らず生えてくるものだからです。

実は、髪の毛は基本白髪なのです。

髪の毛というのは、毛母細胞というものが作り出しています。

その作られた毛に、色素細胞が作り出した色素が取り込まれ、髪の毛の色が決まります。

つまり、髪の毛というのは、基本的に白髪なのです。

白髪になってしまうのは、色素細胞が作った色素が、毛母細胞に取り込まれないからです。

一度入り込んだ色はそのままなので、白髪になるのは根元からということになります。

つまり、突然白髪になる、というのは、ちょっと考えられないということです。

もしかすると、もしかするとですよ。

マリーアントワネットは髪を染めていて、幽閉されるたので染めなおしができず、色が落ちてしまったなんていうのはいかがでしょう?

幽閉時は38歳ぐらいだったかと思いますから、すでに白髪になっていたかどうか・・・。

でも、肖像画を見ると、描かれている髪が地毛だとするなら、もともとプラチナブロンドだったのかもしれません。

このマリーアントワネットの「一夜にして白髪事件」は、漫画から出たお話とも言われています。

髪の毛の仕組みから考えても、ちょっと考えられない内容なので、面白おかしく作られた嘘のお話なのかなと思います。