魅せるファッション

甲子園 美容院 個室スタイルaimatsudaです。

魅せるためのファッション

ファッションというのは、社会における自分の立ち位置を表現するものではないか、ということを以前書いてみました。

そういうファッションの表現は、自己満足的なものです。

でも、ファッションというものは、人の目があってこそ成立するところがあります。

ファッションには、見ている人の目を通して、その人に働きかけようとする使い方もあります。

主にこのような使い方が、ファッションの本質なのでしょう。

特に、若い方のファッションは、異性に見せるためという限局的な要素が強いようですね。

もちろん、同性に見せるということもあるかもしれません。

でも、そういうファッションって、なぜか異性受けが悪いみたいです。

ファッションは、やっぱり、相手がどういった人かで、ちょっと工夫はしたいもの。

まぁ、見る人が異性でも同性でも、おしゃれって思われたいって気持ちに違いはありません。

それでも、目的を絞って、しっかりとした使い分けが、ファッションには必要なようですね。

男性には、「嫌いな(理解できない)女性のファッション」のファッションというものがあるそうです。

以下が、その順位。

嫌いな(理解できない)女性のファッション

1位「フリルつきの服(ゴスロリ風)」(52.4%)

2位「サルエルパンツ」(47.6%)

3位「ガーターストッキング」(19.5%)

4位「フリルつきの服(ワンポイント)」(12.2%)

5位「レギンス・トレンカ」(11%)

ファッションは、会う人に合わせて変えるのが理想。

でも、そうとはわかっていても、そんなに自分のファッションにバリエーションを出せるわけでもありませんから、男性の好みも知っておくべきだと思います。

適度な露出。

出しすぎてもダメ、隠しすぎてもダメ。

適度な女らしさ、おんなおんなしても駄目、でもボーイッシュもダメ。

適度な・・・、適度な・・・。

言いたいことはわかりますけど、適度っていうのは、ファッション的に面白く無いですよね。

でも、それが社交性のあるファッションなんですから、仕方がありません。

そして、さらに続いて、6位から。

6位「大きめのリボンがついた服」(10%)

7位「柄ものの服(水玉、ゼブラ柄など)」(9.8%)

8位「ドルマンスリーブ」(9.8%)

9位「マキシ丈ワンピース」(9.8%)

10位の「ロンパース」(8.5%)

友達に見せるファッションと男性に”魅せる”ファッションというのを使い分けれるのも、一つのファッション性といえるかもしれませんね。

これを情報を参考に、男性に嫌われないファッションを身につけましょう。

また、嫌われたい男性の前では、これらのファッションを取り入れてください。

女性からすると、どのファッションもおしゃれでかわいいと思うのですが、男性目線では違うんですね。

オトコが好む女性ファッションは?

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120724-00025107-r25