お客様の社会

ヘアスタイルと社会

ヘアスタイルをきれいにしたいと皆さんは考えています。

当たり前のことですよね。

ですが、その「きれい」という言葉が曲者なのです。

きれいってなに?

何をもってしてきれいとするか、それが問題です。

ヘアスタイルといのは、きれいにすれば良いというものでもないんです。

美容院にいらっしゃるお客様は、皆さん自分なりのきれいな髪型の境界線というものを持っておられます。

その境界線は、お客様の「きれいの価値観」と「生活している社会」の合わさったものなんです。

つまり、ただきれいにすれば良いのではなく、お客様の社会性考慮したヘアスタイルにしなければなないということなんです。

美しいという価値観の境界線

お客様が生活しておられる社会を包んでいる境界ラインです。

社会的境界といえるものでしょうか。

ソーシャルラインなんて書いてみたりすると、ちょっとカッコイイ感じでしょうか^^

その境界内での美しさを求めておられるのです。

時には、その境界線をちょっと越えてみたい、という要望もあります。

なんだ、そんなことか!当たり前でしょ!、とおっしゃる方もいるかもしれません。

ですが、言うは易しで、この境界線を読み取ることはとても難しいのです。

時には、お客様自身も気付いておられない場合もあるんです。

大切なカウンセリング

カウンセリングは、求めておられる美しさと、どこまでそれを許容するかという社会性を知るためにとっても大切なものなのです。

時には、職業をうかがいます

生活スケジュールをうかがいます。

ヘアスタイルをセットできるかなどもうかがいます。

求めるヘアスタイルが、お客様が生活しておられる社会にあっているかをつなぐことがとても重要なのです。

ヘアスタイルを持って、それを扱って、セットするのはお客様なのです。

でも、そのヘアスタイルの全体像はご自分では見えません。

そのヘアスタイルを見るのは、他の人なんですね。

これも大変に面白い点だと思っています。

topphoto4