パーマとの付き合い方

パーマを家でセットすると、どうしてもうまく仕上がらないってこと多いですよね。

しっかりとあてきったパーマなら良いのですが、緩やかなものはブローによって形が変わってしまいます。

きれいで緩やかなパーマラインを維持し、セットするにはどうすれば良いのでしょうか?

1.まずは、タオルで乾かしましょう。

濡れすぎていると、ドライヤーでうまく乾かすことができません。

ですから、まずはできるだけタオルで水分を除きましょう。

そうすることで、ドライヤーでのゆるパーマをコントロールしやすくなります。

2.まずはパーマからドライ

パーマのカールを作ることから始めます。

パーマの部分を引き伸ばさずにドライヤーを当てていきます。

手で握りこんで、髪をクシャクシャとドライヤーしていきます。

こうすることで、パーマ部分のウェーブを残すことになります。

それから、他の部分を乾かしていきます。

遠くからドライヤーの風を当てて、髪の中に風を送り込んで、根元を乾かします。

こうすることで、パーマ部分をうまく作れて、髪を乾かすことができます。

3.スタイリング剤でセット

そして、スタイリング剤をつけて、セット完了。

この時も、パーマ部分を引っ張らずにつけます。

もみこむようにつけると、パーマが生きますね。

※これは頭を洗ってからセットまでの流れを書きましたが、寝る前であれば、ドライヤーのところまででOKです。

翌朝、蒸しタオルなどで少し湿らせて、同じようにくしゃくしゃと乾かし、スタイリング剤をつければ完了。

きれいにつけてもらったパーマを生かして、きれいなヘアセットができればうらしいですね。