美容室でトータルの美を目指したい。

ヘアスタイルは、美の一部。

当たり前ですが、皆さんはどんな風にしていますか?

髪型をトータルビューティーの一部として扱う。

皆さんは、ヘアスタイルを決めるとき、どのように決めていますか?

憧れの女優さんみたいになりたい、というのも多い意見です。

ですが、ご存知のように、髪型が同じになったからといって、その女優さんになれるわけではありません。

ですから、ご希望にそって、無理やりにその髪型を作ると、とてもちぐはぐなことになってしまいます。

まずは、髪型を顔の一部ととらえる。

憧れの女優さんのようになりたいといっても、髪型を同じにしても、その女優さんのようにはなれません。

その女優さんの髪型が良く見えるのは、そのヘアスタイルが似合っているからです。

でも、正確にいうなら、「似合わせている」からなんです。

ですから、ここが美容師のテクニックの見せ所なんです。

ご希望の髪形を、いかにお客様の頭に作り、フィットさせるか。

これを考えます。

この時、考えるファクターがあります。

・頭の形

・髪のクセ

・顔のバランス

・メイクなど

これらを考慮して、お客様がお望みになるヘアスタイルを作るわけです。

場合によっては、スタイルを変更します。

でも、お客様は納得なさるんですよ。

なぜかというと、髪型というのは、その他のファクターとのバランスでそのように見えているわけです。

お客様には、自分の髪型が希望のものに見えればよいわけです。

つぎに、服装と色であわせる。

そして、次は、ヘアスタイルと服装で考えます。

この美容院では、服装についてもお話をさせていただくことがあります。

そして、似合うカラーについても。

カラーは、ヘアのカラーリングでも重要ですが、それをメイクや服装にまで広げてお話します。

ここまで話をしていくことで、ヘアスタイルの良さがさらに引き出されます。

ヘアスタイルの良さというよりは、お客さまのトータルな美しさが見えてきます。

スタイルもご希望の髪形をそのまま作るより、頭や顔などのファクターを考慮して、時にはモディファイすることで、トータルな美があらわれます。

カウンセリングで一緒に美しさを探す

とはいえ、人はそれぞれに違う美しさを持っているものです。

そして、お客さま自信が望む美しさというものもあります。

ですから、それを一緒に探さなければなりません。

そのためには、カウンセリングがかかせません。

美容院だからといって、髪型のことだけ考えていては、似合う髪型はご提供できないということです。

トータルであるべきなんです。

トータルにならざるをえません。

それが似合うヘアスタイルを提供するということです。

いかがでかすか?

あなたに似合う美しさを一緒に探しませんか?

photo by LadyDragonflyCC

photo by LadyDragonflyCC