企業にこそ「アート」を導入すべきだ

ものごとを進めるに当たって、イメージというのはまず必要だと思います。

そのイメージを表現する方法としては、当然、言葉もありますが、図というのはわかりやすくてよいですね。

その図を絵として、そして、アーティスティックな表現にすることで、伝えられることは確かに増えると思います。

でも、それってとても難しいなぁ、と思います。

それを、企業の中に取り入れ、経営ビジョンを表現することに活用できれば、イメージは大きく広がるのかもしれませんね。

企業にこそ「アート」を導入すべきだ東洋経済オンライン
今までにない新しいアイデアを実践するのが、アートプロデューサーの長谷部貴美氏だ。アーティストの谷澤邦彦氏と共に、アートよる人材開発に取り組む「ホワイトシップ」を