現代アートはわからないからおもしろい。

現代アートって何?

現代アートの父といわれるマルセル・デュシャンから始まり、最近の現代アートは、なんだか分かりにくいものが多いですね。

「何がいいたいの?」という意見しか出てきません。

そういった意味では、当時物議をかもしたマルセル・デュシャンの「泉」は、今では分かりやすいもののように思いますね。

ということで、美術家・森村泰昌さんと芥川賞作家・平野啓一郎さんが美術と文芸という垣根を越え、アートを取り巻く現状を縦横無尽に語り合ったのが以下の記事。

現代アートはわからないからおもしろい日本経済新聞
最近の現代アートには、「だから何なの?」というおかしな作品も目立つ――。美術家・森村泰昌さんと芥川賞作家・平野啓一郎さんが美術と文芸という垣根を越え、アートを