ミラクル エッシャー展 あべのハルカス美術館

「ミラクル エッシャー展」を観てきました。

エッシャーと聞くと、

「だまし絵の作家さんだな」

とすぐに思います。

実際に、水が下から上に流れて循環しているように見える《滝》は有名な作品です。

ですが、版画家としての彼の作品は緻密で、その技術には驚かされます。

芸術家ではなく版画家であると考えていたエッシャーはさまざまな版画技法に取り組んでおり、繊細な作品で不思議な世界観を作り出しています。

だまし絵とともに有名なものが、「正則分割」です。

ひとつの図形を反転回転させながら、隙間なく埋めていく技法です。

この展示の最後に、「正則分割」が循環していく大作《メタモルフォーゼⅡ》を観ることができます。

文字から始まって、形を変えながら循環していくモチーフの表現は素晴らしかったです。

さて、展示が終わると、体験型映像コンテンツのサービスがありました。

エッシャーのだまし絵作品の中に入って写真が撮れる入れるというもので、いわゆるインスタ映えのサービスです。

恥ずかしいので、やめときました。