現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木 …

今のアートを求めれば、現代アートということになります。

当たり前ですが。

それでも、現代という時代も様々な変遷を経て、それに合わせ現代アートも積み重ねられてきました。

ということで、東京・六本木の森美術館の六本木クロッシング。

日本の現代アートを新旧含めて紹介するシリーズです。

2004年から3年に1度開催。

2004年は「日本美術の新しい展望2004」、2007年では「未来への脈動」、2010年は「芸術は可能か?」というテーマで行なわれました。

そして、今年は「アウト・オブ・ダウト」です。

現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木 エキサイトism
六本木クロッシングの季節がやってきた。六本木クロッシングとは、東京・六本木の森美術館が日本の現代ートシーンをみわたし、新旧含めて交差(クロス)する「いま」注目